アクセサリー

しじみと血液の関係性

しじみの有効成分は血液のコンディションをより健康的に保ち、疲労回復を始めとする各種効果を私達に実感させてくれます。
ここではそんなしじみと血液の関係性に関し、出来るだけ専門的にならぬよう、お子様にもご理解いただけるような表現でお話させていただきます。

まずは私達の血液と重要な関係性を持つ臓器、これらを思い浮かべてみてください。
心臓は血液を全身に送り届け、酸素を摂取する肺の存在も無視出来ません。
そして体内の不純物をろ過し、体外に排出する上で欠かせぬ臓器と言えば、皆さんお分かりの通り、腎臓と肝臓が挙げられます。

しじみの成分はこの腎臓と肝臓の働きを、正しく力強くサポートする役割を担っており、常に十分な摂取が必要です。
これらの成分の不足から、腎臓や肝臓が十分な働きを見せなくなれば、私達の血液の状態も劣化し、十分な栄養素や酸素が全身に行き渡らなくなってしまいます。
そうすれば疲労感を始めとする、体力低下や身体の不調を実感せざるを得ず、毎日が辛く憂鬱になってしまいます。

しじみ自体を美味しく楽しく食する、あるいはサプリメントで十分な有効成分を摂取する事を通じ、常に腎臓や肝臓を始めとする各臓器が健全に働く状態を保てば、こうした懸念とも無縁です。
私達の心身の状態を決定づける血液のコンディションを改善させ、常にベストな状態を維持出来れば、毎日の充実度は不調時とは比較にならなくて当然です。
まだ医学が今日ほど進歩を見せる前から、先人達はしじみが身体に良い事に気づき、それを言い伝えていました。
難しい理屈は理解出来ずとも、何より自身の心身がその事実を実感していたからこそ、説得力を有して人から人へと伝わり、しじみと血液の関係性の貴重な雑学知識として共有されていたのです。

私達の血液の状態が劣化すれば、具体的にどのような弊害が顕著に現れるのか、既に皆さんは数多くの症例をご存知の通りです。
そうした由々しき体調に陥ってしまう前の予防対策としても、しじみが有する各種有効成分の適正な摂取は大変効果的であり、今日市場に流通するサプリメントが大きな役割を担っています。