アクセサリー

しじみとカルニチンの関連性

含有が確認されているしじみの各種有効成分の中でも、カルニチンという一般的にはおそらく馴染み薄い成分が、優れたダイエット効果など、さまざまなメリットを届けてくれる事で注目されています。
ここではしじみとカルニチンの関係性を、各種効能を確認する作業を通じて検証してみたいと思います。

まずはしじみの含有成分の中でも大いに注目に値する、カルニチンに関しての基礎的な説明から、お話を始めさせていただきます。
このカルニチンは私達の腎臓と肝臓で合成される、必須アミノ酸であるリジンとメチオニンなる物質から出来ており、体内の脂肪分をエネルギー化する重要な役割を担っています。
この脂肪をエネルギーに変換する作用がダイエット効果に繋がる事から、昨今はしじみ成分のカルニチンの働きを活かしたダイエットサプリが人気を博しています。

同時に支店を変えれば、このカルニチンが体内で不足すれば、必然的に脂肪が体内に蓄積してしまい、肥満のリスクが高まるのもご理解いただける通りです。
加えて十分なエネルギーを体内細胞へ供給出来なくなれば、健康的な日常生活自体への悪影響も懸念されます。
体内全域に無駄な脂肪が増殖すれば、いわゆる生活習慣発症へと繋がり兼ねず、悪玉コレステロールの増加など、挙げればマイナスの懸念がズラリと並んでしまいます。

肉食中心の欧米人と比較して、これまで私達の肥満や生活習慣病発症率が低かった要因に、しじみを日常的に食する食生活が大きな役割を担っていた事は、否定する予知がありません。
ですが食生活の欧米化に伴い、現代人の体質はカルニチン不足が否めず、しじみ成分の摂取の必要に迫られているのも事実なのです。
この機会にカルニチンなる重要成分の存在を、正しい豆知識として押させておいていただければ幸いです。

私達の体内の脂肪をエネルギーに変換すると同時に、肥満や生活習慣病抑制効果も見逃せぬカルニチンですが、日常の食生活の改善だけでの十分な摂取は難しいのが現状です。
しじみ成分を豊富に含むサプリメントなどを適切に用いる事で、必要量の継続摂取を心掛けられる事をお薦めいたします。