アクセサリー

しじみで尿酸値を下げる

尿酸値を下げるとは、尿を酸性からアルカリ性へと変化させ、尿酸を尿の中に溶解しやすい体調に整える事は、健康を維持する上で非常に大切な自己管理です。
この重要な効果にしじみが良いと言われる理由を、ここでは出来る限り分かりやすくご説明申し上げます。

まず尿酸値が高くなる、すなわち健康な状態に黄信号から赤信号が灯る、そんな体調劣化の原因から検証すれば、腎臓のコンディションが大きな鍵を握っています。
腎臓は体内の不純物をろ過する機能を担う重要な臓器であり、不要な物質は尿として体外に排出されますが、ここでポイントとなるのが尿酸値なのです。

尿酸値が高くなると、尿内に各種不純物が溶解し辛くなり、結果体外への排出が不十分となります。
その原因は腎臓が十分に元来の機能を果たさぬ状態に起因しますので、私達は腎臓が正常に機能し続ける体調を自己管理から維持せねばなりません。
ちなみに尿酸値を下げる、すなわち腎臓に良いとされる食物を挙げると、ワカメなど海藻類や海産物、ゴボウなどの野菜など色々思い浮かびますが、見逃せない存在の代表格がしじみなのです。
これはしじみ自体が有する各種有効成分が腎臓の活性化に繋がり、より確実な尿酸値の低下すなわち、尿のアルカリ性化を促進する効能が確認されているからに他なりません。

皆さんも「飲み過ぎた時にはしじみ汁/A>」「肝臓に良い」といった豆知識はご存知でしょうが、実は肝臓のみならず、しじみは腎臓にも大変良い自然食品なのです。
今日しじみの有効成分を凝縮したサプリメントが人気を博しており、今日この瞬間も新たな愛用者を増やし続け、数多くの確かな効能を届け続けています。
尿酸値に関してイエローカードが提示されてしまった皆様には、ぜひ1度お試しいただきたいアイテムです。

しじみが有する優れた尿酸値を下げる効能は確かですが、いわゆる速攻性を有する特効薬的な作用は期待出来ません。
あくまで食事全体のバランスを考慮しつつ、積極的に食する以外にも、飲酒節制など食生活自体の見直しに加えてのサプリメントの使用など、自身にベストな方法を模索してください。