アクセサリー

しじみで疲れた体に変化を

思い当たるフシこそ無いけれど、何やら疲れが採れない、朝起きた時点でヤル気が湧いてこないなど、1日が長く感じる体調でのスタートは精神的に滅入るばかりです。
そんな皆さんにお薦めのしじみには疲れやすい体調を好転させる効能が確認されています。

まずは私達が疲労感を感じるに至る、身体内のメカニズムに関して簡単に説明させていただきます。
ポイントは体内のアンモニアで、通常は肝臓で解毒されますが、この働きが鈍化してしまうと、結果全身の倦怠感などの「疲れ」を自覚する事となります。
言い換えれば疲労感は身体からのSOSであり、肝臓がピンチを迎える手前であるというシグナルとも解釈出来るのです。

そして肝臓は正常に機能する上で、大量の新鮮な血液を必要とします。
摂取する栄養素が偏っていたり、身体のどこかに不具合を抱えていれば、自ずと血液の状態自体にも支障が懸念されます。
こうした好ましく無い体調を根本的に立て直すには、より多くの有効成分を効率良く摂取出来る食物の摂取、あるいはサプリメントの使用が確実です。

皆さんもご存知の通り、しじみは肝臓回復効果が確認されており、オルニチンを始めとする各種有効成分が、体内でその役割を確実に果たしてくれます。
二日酔いの翌朝にはしじみ汁、アンチエイジング効果ならしじみサプリメントなど、私達は無意識の中でも既に、その効能をしっかりと記憶しています。
疲れを引き摺っている、あるいは最近疲れやすいとの自覚症状をお持ちであれば、ぜひしじみを思い浮かべてみてください。
但しいわゆる特効薬ではありませんので、サプリメントであれば適量を継続摂取、しじみを直接食するのであれば、効能を期待するあまり食べ過ぎぬよう、バランスを考えてお召し上がりください。

味噌汁など和食系での調理のみならず、パスタなど洋食系に調理しても美味しいしじみには、優れた疲労回復効果が期待出来ます。
各種サプリメントも市場に流通しており、手軽な調達が可能な環境となっています。
思い当たる原因が見当たらずとも疲れが取れないとお悩みであれば、正しい継続摂取をお試しください。